So-net無料ブログ作成

キルンワーク【著:奥野美果】 [手芸本【か~こ】]


キルンワーク―電気炉を使った手作りガラス工房 (家庭ガラス工房)

キルンワーク―電気炉を使った手作りガラス工房 (家庭ガラス工房)

  • 作者: 奥野 美果
  • 出版社/メーカー: ほるぷ出版
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 大型本



↓の本より前に出版されていた、指南本もあったので借りて見ました。
こちらはより基本的なガラスの事から書いてあり、兼ねてから気に
なっていた、膨張係数が違うガラスを組み合わせた場合
どうなってしまうのか?と言う事の解答の写真もちゃんと出ており
やっと腑に落ちた気がします。

この本は半分は作者さんと違う作家さんが持つ技法を紹介する本でした。
パウダー状のガラスを盛って作るお皿とかすっごくビックリしました。
そんな粉のガラスが板ガラスになるの!?と・・・。
パウダー状のガラスは色んな色があるので、絵を描くように自由に盛って
作品にするそうです。すごい・・・これは職人技ですわ・・・。

後は石膏やシリコンで型を作って、色んな物の複製をガラスで作れると言う事
見本は「ネジ」だったのですが、ガラスのネジ。すっごいです。
でも工程がすさまじくメンドクサイ(笑)ので、やっぱり玄人向きでした。

私が直ぐに出来そうな技法は数点でしたが、色シートをクラフトパンチで
抜いてガラス板に挟んで焼くと言うのがあって、ワンポイントにもなるし
良いな~^^と思いました。ただ・・・ネットで探しても見つからなーい(゜ー゜;A
もう販売して無いのかなぁ。ダイクロシートというのは見つけましたが
キラキラのラメ系なのでドハデ。しかもお高ーい!!!
と言う事で再び検索中です。。。

フュージングをはじめよう【著:近岡 令】 [手芸本【は~ほ】]


フュージングをはじめよう―ガラスを熔かす楽しみ (家庭ガラス工房)

フュージングをはじめよう―ガラスを熔かす楽しみ (家庭ガラス工房)

  • 作者: 近岡 令
  • 出版社/メーカー: ほるぷ出版
  • 発売日: 2012/03
  • メディア: 大型本



はじめようと思っていた、ガラス工芸のフュージングの指南本です。
中々指南本が無いのですが、今年の3月にでたばかりと言う
タイムリーなのが図書館に入って居たので借りて見る。

ふーむ。
これは私が目指す所の本じゃないなぁ~。
私はアクセサリーとか小物系が作りたいのですが
お皿とかの大物の作り方がメインでした。
でも技法の事も知らないので、こう言うのも作れるんだ!と言う
すごく勉強になりました^^
オリジナルのガラス板の作り方とか、凄く参考になりました♪

まだ始めたばかりで資材が少ないので、出来ませんが
細いガラス棒を挟んで気泡を閉じ込めるガラスとか
かわいかったなぁ・・・。

キルンでもお皿とか作れるんですねぇ~。
てっきり吹きガラスじゃないと無理だと思ってました。
ガラス板を組み合わせて一度焼いてから、型を用意して
今度はその型にそって融かすとか、ビックリでした!

私が購入したキルン(電気炉)は最も小さいサイズなので
アクセサリー用ですが、何時の日かもっと大きなキルンを
買える時が来たら、こう言うのも作りたいなぁ^^
参考書として手持ちにあっても良いと思いました。
お高いからその内ね(笑)
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。